会社案内

HOME | 会社案内

会社概要 COMPANY

 
社名

セキグチ精工株式会社

所在地

〒306-0315 茨城県猿島郡五霞町小手指134ー6

電話

0280-84-2541(代表) 

FAX

0280-84-1390

E-mail

創業

1972年(昭和47年)5月(関口製作所)

設立

1986年(昭和61年)2月25日

資本金

1000万

代表取締役

関口 博

事業内容

・2D、3Dによる製品設計支援

・MOLD金型製造販売

・精密部品加工

・射出成形加工

 
ISO9001認定 ISO14001認定

所在地 MAP

 

ごあいさつ GREETING

 
弊社は金型関連事業におきまして、1970年代の超大量生産向け金型から、現在の多品種少量生産に向けた金型まで、多岐多様にわたり金型製造一筋に歩んで参りました。
その間、お客様からいただく様々なご要望に挑戦、対応する事により、幣社自身が勉強の機会を頂き、それによって社員が育てられました事を深く感謝申し上げます。
金型は、安定した製品を繰返し生産する為のとても重要な道具(マザーツール)です。
50年の型づくり経験と技能を基に、「絶対に替えないこだわり」と「固定観念を捨てる勇気」を常に併用しながら、お客様の満足につなげてまいります。
又、お客様の製品開発に伴う、デザイン設計、機能設計から金型製作、生産工程までの一貫しましたご注文にも対応させていただきます。
少量品の生産、加工難度の高いもの、どんな案件でもご相談を受け賜ります。社員一同、お客様のご用命をお待ちしております。
弊社は金型関連事業におきまして、1970年代の超大量生産向け金型から、現在の多品種少量生産に向けた金型まで、多岐多様にわたり金型製造一筋に歩んで参りました。
その間、お客様からいただく様々なご要望に挑戦、対応する事により、幣社自身が勉強の機会を頂き、それによって社員が育てられました事を深く感謝申し上げます。
金型は、安定した製品を繰返し生産する為のとても重要な道具(マザーツール)です。
50年の型づくり経験と技能を基に、「絶対に替えないこだわり」と「固定観念を捨てる勇気」を常に併用しながら、お客様の満足につなげてまいります。
又、お客様の製品開発に伴う、デザイン設計、機能設計から金型製作、生産工程までの一貫しましたご注文にも対応させていただきます。
少量品の生産、加工難度の高いもの、どんな案件でもご相談を受け賜ります。社員一同、お客様のご用命をお待ちしております。

沿革 HISTORY

 
1972年
現取締役 関口博が東大阪市にて関口製作所(個人事業)を創業する。
成形研削盤主体で、連続端子用プレス順送金型の設計製作を開始。
1981年
現所在地、茨城県五霞町に120㎡の工場を新築しフライス盤など数台を増設する。
同年、東大阪市より工場移転する。
1985年
電源プラグのインサート成形金型の設計製作を開始する。
プラスチック射出成形金型製造に参入。
1987年
資本金1,000万でセキグチ精工株式会社を設立。
1989年
はじめて二次元CAD,CAMを導入する。
プレス金型の設計、及びワイヤーカット加工に活用開始する。
1990年
同工場を170㎡に増築し、放電加工機を増設してプラスチック系金型を強化する。
1992年
電源プラグのインサート成形金型をカセット標準化し、拡販開始する。
2001年
現所在地に530㎡の空調を備えた工場を新築する。
プラスチック系金型の需要が増えて、プレス金型に替わり主力製品となる。
2002年
はじめて三次元CADを導入する。
顧客ニーズに合わせモデリングの実習を開始する。
2005年
射出成形機を導入し、自社にて金型の試作成形を開始する。
2007年
経営革新計画承認にあわせ、新しいビジネスモデルをスタートさせる。
2009年
開発製品の設計支援サービスを開始。
2010年
竪型射出成形機を導入。
医療器関係のプラスチック製品の生産を開始する。
2011年
電気自動車(EV)の充電器部品の生産を受注。
2012年
小型の特殊射出成形機を2台導入し、
ネジ付プラスチック製品の生産を開始する。
2013年
流動解析を導入し、MOLD金型設計の最適化に取り組む。
2015年
射出成形品の増産に向けて、成形機周辺設備を増設する。
2017年
微細精密加工機等を導入し、金型づくりのプロセス改善に取組む
2020年
最新のCNC研削盤を導入し、スーパーエンプラ向け高精度金型の開発に取組む
2021年
ISO9001・14001認証取得